★伝説のお召列車EF58形61号機関車が常設展示されます

【鉄道博物館 発表】〇鉄道博物館では 10 月 30 日(日)より、EF58 形 61 号電気機関車を常設展示します。〇本機関車は 1953(昭和 28)年7月にお召列車専用機として製造され、首都圏の直流電化区間を中心に 2008(平成 20)年まで活躍してきました。〇当館としては 2018 年7月の南館オープン以来、4年ぶりの展示車両の追加となり、
展示車両は屋内外合わせて 42 両となります。

1 展示する EF58 形 61 号電気機関車について
■製造年 1953(昭和 28)年 ■製造所 日立製作所 水戸工場 ■全 長 19.9m
■特 徴
○1953(昭和 28)年、60 号機とともに初めからお召列車専用機として指定したうえ
で車両メーカーに発注、新製されました。
○車体正面だけでなく側面まで取り付けられたステンレス製の飾り帯や国旗掲揚
装置、足回り各部の磨き出しなどの専用装備を当初から備えていました。
○1953(昭和 28)年 10 月に東京~名古屋間でお召列車をけん引して以来、2001 年ま
での間、90 回以上お召列車の先頭に立ち、そのほかにも臨時列車やイベント列
車を多くけん引し、日本の電気機関車を代表する存在となりました。
2 展示開始日
2022 年 10 月 30 日(日)
3 展示場所
本館1F

詳しくは上をクリックしてご覧ください(鉄道博物館へ)

気品のあるフォルムの素晴らしい「お召列車」を近くで見学できるまたとないチャンスです!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

水野 臣次のアバター 水野 臣次 編集局長

趣味はさいたま市、ペットはヌゥ。
明るく楽しいオモシロさいたま市を、みんなで作りたいヌゥ!

目次
閉じる