◆ウクライナ応援歌ができました。

【国際局】市政サポートNPOとして活動している、さいたま市民ネットワーク(森田孝 理事長)が、海外協力の活動分野として「さいたま市民ウクライナ友好協会」(佐々木譲 会長)を設立しました。同協会は設立記念としてウクライナ応援歌「ここに幸あれ」を発表、大きな共感の輪が広がっています。ロシアによるウクライナ侵略を巡って、自分たちが出来ることでウクライナを応援したいと、協会長の佐々木譲氏が作詞、メンバーの小林保二氏(元テレビ埼玉ミュージックアカデミー講師)が作・編曲を担当、わずか3日で曲が仕上がりました。佐々木譲会長は、「砲弾を音符に、砲声を歌声に代えて、ウクライナの子どもを始め、全ての人々に贈りたい」と語っています。

声楽家 細沼初美さん(見沼区)Version、作・編曲家小林保二氏のピアノで。
音楽家 飯田康弘さん(中央区)Version、お教室のみなさまと。
お問い合わせは上をクリック(ご連絡メールへ)

この記事を書いた人

水野 臣次のアバター 水野 臣次 編集局長

趣味はさいたま市、ペットはヌゥ。
明るく楽しいオモシロさいたま市を、みんなで作りたいヌゥ!

目次
閉じる