◆さいたま市が まん延防止重点措置適用 6月20日まで延長されました

【まん延防止等重点措置の区域】
4月16日(金)、埼玉県より本市と川口市が新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の区域に指定されました。
【期間】
令和3年4月20日(火)~6月20日(日)まで延長されました。

◆ 清水勇人市長からの呼びかけ ◆◆◆

本市では、4月12日までの1週間に2,239件の検査を行い、194名の新規陽性者が確認されました。先週に比べ約2割増えており、増加傾向にあります。

さて4月12日から、本市では、県内の市町村に先駆けて、高齢者を対象とした新型コロナウイルスの予防接種が始まっています。政府から供給されるワクチン供給量には限りがあるため、まずは重症化や集団感染のリスクが高い特別養護老人ホームの入所者から接種を行っています。今後、ある程度のワクチンが供給される見込みであり、供給量に合わせて市内の医療機関や、区役所等の集団接種会場での高齢者向け接種を速やかに開始できるよう全力で取り組みます。

感染拡大防止には、市民の皆さま、一人ひとりの慎重な行動が大きな力となります。変異株の感染が増えているとされている東京都などとの県境をまたぐ移動の自粛、日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛、混雑している場所や時間を避けて行動すること、感染対策が徹底されていない飲食店の利用自粛等にご協力をお願いします。
重ねてのお願いですが、基本的な感染予防策を徹底し、感染リスクが高まる行動は避けていただくようお願いいたします。(令和3年4月19日)

【さいたま市の新型コロナウイルスに関しての詳しい情報はこちらをご覧ください】さいたま市/新型コロナウイルス関連情報 (city.saitama.jp)


不要不急」とは「どうしても必要ではなく、急いでする必要もない。絶対に急いでやらなくても構わない」ということです。

◆政府は4月23日(金)夕、首相官邸で新型コロナウイルス対策本部会合を開き、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県を対象に、緊急事態宣言を発令すると正式決定しました。期間は6月20日(日)まで延長されました。


この記事を書いた人

水野 臣次のアバター 水野 臣次 編集局長

趣味はさいたま市、ペットはヌゥ。
明るく楽しいオモシロさいたま市を、みんなで作りたいヌゥ!

目次
閉じる