◆『ファンタジスタ』草場道輝原画展 130万市民の熱と絆で成功させよう!東京五輪2020!

【市立 漫画会館】

東京五輪2020サッカー競技の会場は、さいたま市です。人気サッカー漫画「ファンタジスタ」の貴重な「原画」を鑑賞して、わたしたちのオリンピック・パラリンピックを盛り上げましょう(^^)/

ファンタジスタ原画展について詳しくは上をクリックしてご覧ください

1 日 時 令和3年7月24日( 土) ~9月5日( 日)
午前9時~午後4時30分
※ 新型コロナウイルス感染症の状況により会期が変更になる場合があります
※ 休館日 月曜日( 8月9日( 休) を除く )、 8月10日( 火)
2 場 所 さいたま市立漫画会館1階 企画展示室
( 北区盆栽町150番地)
3 入 館 料 無料
4 概 要 スポーツ漫画は数多ある漫画の中で最も人気のあるジャンルではないでしょうか。 中でも、 野球、 サッカー、 バスケット ボールなどを題材にした作品は数多く 、社会に影響を与えた作品も少なく ありません。
今回はサッカー漫画の中でも「 週刊少年サンデー」( 小学館)で1999年から2004年に草場道輝が連載した『 ファンタジスタ』を紹介します。
かつては、 サッカー漫画も他のスポーツ漫画同様、 いわゆる「 スポ根」と呼ばれる根性的な要素の強い作品が多かったのですが、近年はJリーグの開幕や日本代表の活躍により、 戦術や選手個人の技術など現実的な描写、 スト ーリーが増えてきます。
本作品は、 主人公の坂本轍平が卓越したテクニックとスピードを駆使し、 高校サッカーから JY( ジュニアユース) 杯の日本代表、 イタリア・ セリエAのACミ ラン、そしてオリンピック代表と、ファンタジスタとして成長する正統派サッカー漫画です。
本展ではスト ーリーの最終章であるオリンピック編にスポット を当て展示します。
5 展示作品 「 ファンタジスタ」 の原画など 72点

漫画会館について詳しくは上をクリックしてご覧ください

「第36回 さいたま市 北沢楽天漫画大賞」の作品を募集します

さいたま市立漫画会館では、近代風刺漫画家 北沢楽天の漫画文化顕彰のため、一枚(ひとコマ)漫画の作品コンテスト「北沢楽天漫画大賞」の作品を募集いたします。
1 募集期間 令和3年8月1日(日)~9月2日(木)(漫画会館必着)
2 テーマ 「健康」(自由作品も受け付けております。)

漫画大賞について詳しくは上をクリックしてご覧ください

この記事を書いた人

水野 臣次のアバター 水野 臣次 編集局長

趣味はさいたま市、ペットはヌゥ。
明るく楽しいオモシロさいたま市を、みんなで作りたいヌゥ!

目次
閉じる