●さいたま市、清水市長 定例記者会見 令和3年1月29日

・さいたま市の、新型コロナウイルス感染症関連について

市内居住者の感染傾向は、家庭内感染が65%!20代が最多、ついで30代~50代の割合が高い
感染リスクが高まる「5つの場面」に注意

・令和3年度当初予算の特徴

令和3年度当初予算のキャッチフレーズ
難局を乗り越え、さいたま市の新時代へ前進するための予算
2,令和3年度当初予算の3つの柱
1,新型コロナウイルス感染症と自然災害への対策
2,さいたま市誕生20周年を契機に新たな未来を拓く取り組み
3,新しい時代に対応した行政運営とDXの取り組み
 ※「DX(Digital Transformation/デジタルトランスフォーメーション)」
  「進化したデジタル技術を浸透させることで、人々の生活をより良いものへと変革すること」

この記事を書いた人

目次
閉じる