◆中央区役所にインスタ映えスポット登場

【中央区役所】

~バスケットとさいたま市誕生20周年をモチーフに市内在住のアーティストが制作~
中央区では、区民に親しまれる明るい区役所を目指し、区役所庁舎壁面に“一歩立ち止まってしまう”フォトスポットを設置しました。

1 趣旨
 にぎわいのあるまちづくり、明るく親しみやすい区役所づくりを目的とし、東京 2020 オリンピックにおいて、中央区内のさいたまスーパーアリーナが競技会場となっている「バスケットボール」と「さいたま市誕生20周年」をモチーフとした新しい“インスタ映え”するフォトスポットが完成しました。
 この作品は、芸術のまち中央区として、アートへの親しみを深めていただくとともに、区内における芸術家の活動支援も目的とし、制作には市内在住の寿の色(鈴木香奈子)さんにご協力いただきました。誰もがシュートを決められる楽しい写真の撮影に、ぜひご利用ください。
2 場所
中央区役所本館 東側壁面
3 アーティストプロフィール
寿の色(じゅのしき)こと鈴木香奈子さん《さいたま市出身》
作品展示のほか中央区内で開催される、路地裏ガレージマーケットでのイベントに出店したり、自宅などで絵画・造形教室を主宰。また、最近では市報さいたま中央区版2021年1月1日号(表紙)の「めで鯛」アートの制作など幅広く活躍されております。

区役所の壁も、このような楽しい使い方ができるんですね。


この記事を書いた人

水野 臣次のアバター 水野 臣次 編集局長

趣味はさいたま市、ペットはヌゥ。
明るく楽しいオモシロさいたま市を、みんなで作りたいヌゥ!

目次
閉じる