◆困難に直面する子どもの「生き抜く力」を育む 日本財団/NPO法人さいたまユースサポートネット
「子ども第三の居場所」さいたま市見沼区に新拠点開設 3月30

日本財団(東京都港区)が全国500拠点を目指して拡げている「子ども第三の居場所」
このたび全国38拠点目、埼玉県内4拠点目、政令指定都市は初めて
左から、青砥恭(NPO法人さいたまユースサポートネット代表)・笹川陽平(日本財団会長)・清水勇人(さいたま市長)・立花洋一(浦和レッドダイヤモンズ社長)

見沼拠点の特徴 NPO法人さいたまユースサポートネットが運営 スタッフ常時6名程度

・小学校1~3年 高学年は相談 4月利用予定児童10名(最大25名まで受け入れ予定)

・月曜~金曜 放課後~19時(延長20時まで) 土日祝日は休所

笹川会長の挨拶

囲み取材

清水市長の挨拶

囲み取材(青砥恭(NPO法人さいたまユースサポートネット代表))

浦和レッズグッズ贈呈(右が立花社長)

この記事を書いた人

目次
閉じる