◆東京五輪2020を記念した、さいたま市でのいろいろな楽しいイベントや取り組みを紹介します。「国際ジュニア大使のYouTube」「美園北小の五輪シンボル」・「吉田茂の欅」・「応援横断幕掲示」など (情報更新中)

【指導1課】オリンピック開幕記念 さいたま市国際ジュニア大使作成の日本の魅力を伝える動画公開!
~国際ジュニア大使が日本文化を紹介します!~

オリンピック開幕に併せ、さいたま市国際ジュニア大使チャンネルを開設し、さいたま市や日本文化を紹介するための動画を世界へ配信しています。
1 動画チャンネル URL:https://youtube.com/channel/UCJS-fwjqeib-73vtKd1InpQ
2 内 容: 本来、さいたま市国際ジュニア大使は、オリンピック等で来日した外国の方々に、さいたま市や日本の魅力を伝えたりするなどの活動を計画しておりました。
しかし、新型コロナウイルスの影響で、実際に対面で活動を行うことが困難である状況から、さいたま市や日本を紹介する動画を作成し、世界へ向けて配信することとしました。
今後も、国際ジュニア大使の活動として、同チャンネルに順次動画を掲載していく予定です。
3 現在掲載している動画タイトル:
・NIKUJAGA
・Omotenashi
・How to make Mitarashidango!
・Japanese sweets
・Welcome to ONSEN
・Railways in Saitama City
(参考)
さいたま市国際ジュニア大使は、さいたま市教育委員会から認証された中・中等教育学校の生徒で、さいたま市内で行われる観光、文化、スポーツのイベント等において、外国の方と交流したり、さいたま市や日本の魅力を伝えたりするなどの活動を行っています。今まで、さいたまクリテリウムやさいたま国際マラソン等の様々なイベントにおいて、外国の方を英語で御案内する活動等を行ってまいりました。

【オリンピック・パラリンピック部】さいたま市ゆかりの選手の東京 2020 大会出場祝い幕を設置しました。
東京 2020 大会の開催に先立ち、さいたま市にゆかりのある選手の東京 2020 大会出場をお祝いするとともに、多くの方に応援していただけるよう各区役所等に横断幕及び懸垂幕を設置しています。
1.設置期間(予定)
オリンピック :7月20日(火)~8月10日(火)
パラリンピック:8月10日(火)~9月 6日(月)
2.設置場所
横断幕:本庁舎南側ベランダ、本庁舎17号線側看板
懸垂幕:各区役所(岩槻区は岩槻駅東口コミュニティセンター)

【美園北小学校】 美園北小学校特別支援学級(ひまわり学級)では、スポーツピクトグラムでオリンピック・シンボルを型取る大型掲示物を制作しました。また、特別支援学級児童がオリンピック・ピクトグラムを紹介する校内放送を実施し、オリンピックに向けて機運を高めます。
 本校は、オリンピックでサッカーが開催される埼玉スタジアム2〇〇2に最も近い学校です。子どもたちにとってオリンピックがより身近に感じられるような取組を実施しました。

*ピクトグラムとは言葉を使わなくても情報を伝えられる、単純化された視覚記号のことです。

1 目的 オリンピック、パラリンピックへの興味関心をもつ。

2 場所 美園北小学校 中央階段付近

3 内容 (1) 大型掲示物

     ・オリンピック(33競技50種目)、パラリンピック(22競技)のピクトグラムで

      5輪のオリンピック・シンボルの形を彩り、大型掲示物を制作。

     ・児童がピクトグラムを1枚ずつ縁取り、色ぬりを行った。

     (2) 校内放送

     ・ピクトグラム・コンセプトムービーを放送(7月14日)、全校児童で学習できる機会をもうける。

4 ひまわり学級での学習内容   

  この取組は生活単元学習に位置付けて実施した。

     (1) 体験→パラリンピック競技を調べ、体育で「ボッチャ」を学習。

     (2) 「ピクトグラムを探そう」クイズ

     (3) QRコードを掲示し、ピクトグラムや競技内容の情報検索可能(調べ学習に活用)。

5 制作期間 令和3年5月から令和3年7月まで

  掲示期間 令和3年7月から令和4年3月まで

【大宮盆栽美術館】 吉田茂元首相旧蔵の大型盆栽「欅(けやき)」を初公開します―1964年「オリンピック記念盆栽水石展」出品を記念して―(夏季展覧会情報を併せてお知らせします)

1 趣旨
 東京オリンピックパラリンピックの開催期間に合わせ、昭和39年(1964年)の「オリンピック記念盆栽水石展」(主催:東京都、協賛:日本盆栽協会、会場:日比谷公園)に出品された吉田茂元首相旧蔵の欅(A-118)を初公開します。

2 期間
 令和3年7月16日(金)から、当面の間常設展示します。

3 場所
 さいたま市大宮盆栽美術館 盆栽庭園(北区土呂町2-24-3)

4 本樹の来歴(抄)
 ・昭和8年(1933年)頃:後に大宮盆栽村に移転する盆栽園が、埼玉県越谷市の農家にあった庭木を採取・鉢上げする。
 ・昭和28年(1953年):元衆議院議長の福永健司氏の選挙応援で大宮に来ていた吉田茂氏が、九霞園を訪問。「この欅は面白いね」と話し、翌年、伝え聞いた福永健司氏が購入し、吉田茂氏に進呈する。
 ・昭和30年(1955年):「第30回国風盆栽展」に出品、首相の所蔵する盆栽として人気を得る。
 ・昭和39年(1964年):「オリンピック記念盆栽水石展」に出品される。
 ・昭和42年(1967年):吉田茂氏没後に福永健司氏に譲られ、同氏没後、子息である元衆議院議員の福永信彦氏に受け継がれ、九霞園で管理される。
 ・昭和45年(1970年)3月:日本政府出展「万国博盆栽水石展」に出品。
 ・平成元年(1989年)4月:「世界盆栽大会」(第1回、旧大宮市)に出品。
 ・平成27年(2015年)3月:福永信彦氏からさいたま市(大宮盆栽美術館)に寄贈される。

吉田茂 元内閣総理大臣と福永健司元衆院議長(旧大宮市)との友情の盆栽「吉田茂の欅」
詳しくは上をクリックしてご覧ください

大宮盆栽美術館では、「ゆかた」をテーマに観覧料無料キャンペーンを実施します。この夏は「ゆかた」と「盆栽」で“和”の世界をご堪能ください。

1 開催期間 令和3年7月22日(木祝)~9月5日(日)9:00~16:30(毎週木曜日休館※祝日を除く)

2 場  所 大宮盆栽美術館(北区土呂町2-24-3)

3 実施内容
(1)ゆかた着用で観覧料無料キャンペーン「ゆかたde盆美」
 内容:ゆかた、甚平または和服で来館すると観覧料が無料になります

(2)Instagramに投稿でポストカードをプレゼント
 内容:以下の手順で、当館で撮影したゆかた写真をInstagramに投稿いただいた方に当館オリジナルポストカードをプレゼントします
 応募手順:1.当館の公式Instagramをフォロー(アカウント名:@omiyabonsaiartmuseum)
      2.ハッシュタグ「#ゆかたde盆美2021」を付け、当館で撮影したゆかた写真をInstagramに投稿
      3.投稿画面を受付に提示(その場でお渡しします)

吉田茂とは、どのような人か

「戦争に負けても、外交で勝つ。それが、じいさんの口癖だった」麻生太郎(第92代 内閣総理大臣、現財務大臣)

吉田茂の娘、麻生和子さんが語る父親の実像。上をクリックしてご覧ください(新潮社へ)

東京2020公式アプリがついに登場。オリンピック・パラリンピックをより身近に感じることができる機能が満載。スケジュール、結果、メダル情報、ニュース、ハイライト、FanZoneゲームなど、充実のコンテンツを楽しもう。

詳しくは上をクリックしてご覧ください

この記事を書いた人

水野 臣次のアバター 水野 臣次 編集局長

趣味はさいたま市、ペットはヌゥ。
明るく楽しいオモシロさいたま市を、みんなで作りたいヌゥ!

目次
閉じる