●県民公論 第1086号 令和4年9月定例会特集が発行されました

県民公論は昭和38(1963)年創刊の、さいたま市地方記者クラブに加盟している地方紙です。

【県民公論】第1086号では、清水勇人市長のあいさつ「人口増加率連続全国第1位!」。市議会議員の代表質問6名、一般質問10名の注目質問。埼玉県で初めてできた「ウクライナ友好協会」による在日ウクライナ大使館表敬訪問。「進む議会設備改革」として、昨年9月に本紙が提言した「市議会ネット中継の画面比率の改革」が今議会で実現、16:9のワイド画面に改正されたことなど、「市民と市政の懸け橋」としての県民公論の存在意義が発揮されています。

県民公論本紙は上をクリックして専用メールから(住所・氏名・部数等ご記入の上)お申し込みください。無償でお送りいたします。

さいたま市議会 令和4年12月定例会は11月30日(水)に開会します。来年4月の市議会議員選挙前、最後の12月議会は、本格的冬のなかで熱くなりそうです。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

水野 臣次のアバター 水野 臣次 編集局長

趣味はさいたま市、ペットはヌゥ。
明るく楽しいオモシロさいたま市を、みんなで作りたいヌゥ!

目次
閉じる